ネズミ駆除超音波発生装置の特徴について

ネズミ駆除超音波発生装置は個体が嫌がる超音波を発生することで住宅などから追い出す効果を期待できます。また一定期間であればネズミを寄り付かなくさせることも可能です。ネズミ駆除超音波発生装置を長期間にわたって使用すると、ネズミが超音波に慣れてしまうため効果が弱くなることがあります。超音波に対してネズミに慣れが生じる前に他の作業を完了させることが重要です。

ネズミ駆除超音波発生装置を効果的に利用するには、侵入経路の封鎖の作業を並行して行うことが必要になります。住宅の屋根裏などに侵入したねずみを駆除する上で最も重要となるのが侵入経路の封鎖です。古い住宅などの場合には多数の侵入経路が存在する場合もありますが、確実に封鎖してから次の捕獲作業に入ります。侵入経路の封鎖を徹底的に行わなければ個体を捕獲してもまた侵入される可能性が存在します。

ネズミ駆除超音波発生装置によって追い出しを行い、ネズミが超音波に慣れるまでの間に侵入経路の封鎖を行うのが効果的です。ある程度の個体を追い出しておけば捕獲作業もスムーズに行うことができます。捕獲作業はホームセンターなどで市販されている粘着シートや罠を使用します。粘着シートはネズミの通り道に正確に設置する必要があります。

また罠にはカゴ式とバネ式のものが存在します。粘着シートやカゴ式の罠を使用するとネズミを生け捕りにできます。捕獲作業を行っても一定数の個体が残存しているので、毒エサを設置して対処します。