コウモリ駆除は業者に任せる

コウモリは広い地域に生息していて食糧を調達できて暖かい環境があれば簡単に住みついてしまいます。コウモリが建物に住みついてしまうと感染症を持ち込まれたり、糞や尿によって建物の衛生環境が悪化してしまいます。そのため住みついている事が確認できたらすぐに対処するべきです。コウモリは場合によっては人に危害を加える可能性もあり、噛みつかれる事で外傷を負う危険があるだけでありません。

コウモリの中には狂犬病を持っている個体もいて、もし噛まれたことで狂犬病に人が感染してしまうと致死率が高い感染症なだけにかなり危険です。日本国内に生息しているコウモリの個体には他の地域のコウモリと比べて狂犬病を持っている確率は低いとされていますが、自分でコウモリ駆除を行う事は少なからずリスクが伴うのです。また駆除をする事が危険なだけでなく、コウモリは繁殖力が非常に強いので住みつかれると大量発生を招く事もあります。そうならない為には早い段階で確実に駆除する事が大切なのでコウモリ駆除を行ってくれる専門の駆除業者に依頼すると良いです。

コウモリを一度駆除しても再度住みつかれてしまっては駆除をした意味がなくなるので、コウモリ駆除をしてもらう時に侵入口も特定してもらって再び侵入されないように塞いでおくべきです。また侵入口を塞ぐだけでなく、付近にゴミ捨て場などコウモリに食料を調達させてしまうような環境があればそれを改善しておくと良いです。