福祉車両をレンタルするには

現在、少子高齢社会になっていることから、高齢者の方々の人数も右肩上がりで、年々増えております。これに伴い、足腰が弱くなり、車椅子での移動が必要な方々も増加しております。そのため、このように、移動には車椅子が手放せない方々が遠出するには、普通の車両では、難しくなります。そこで、福祉車両が必要となっています。

今は、福祉用具の開発が進んでいることから、様々な福祉車両が開発されています。リフト型やスロープ式のものや助手席に座るタイプのものなど多くあります。車両も、NBoxなどの軽自動車からハイエース等の大きなものまでさまざまあります。しかし、福祉車両は、普通の車両にオプションとして付けることから、通常の値段より高額になりやすいです。

そこで、福祉車両をレンタルする方法があります。特に、高齢者の方は、しょっちゅう遠出することは少なく、今は、介護タクシーも安くなってきていることから、わざわざ、このような高額な車両を購入する必要がないという方が多く存在しています。このような方々のために、福祉車両のレンタルが徐々に行われるようになってきています。そして、このレンタル方法としては、通常のレンタカー会社が行っていることから、普通の車両をレンタルするのと同じような形で、借りることができます。

ただ、取り扱っている店舗が少ないことから、レンタルをするときは、事前に確認と借りる予約が必要となりますので注意してください。名古屋のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です