福祉車両をレンタルする際に気をつけたいこととは

福祉車両とは高齢の方や、また障害を抱えている人にも利用しやすいよう、様々な配慮がされている自動車両のことです。そうした方たちが運転しやすいように配慮されたものもあれば、そうした方が乗り降りしやすいように配慮されたものもあります。たとえば運転補助装置つきの自動車や、車いすごと乗り降りできる自動車などがその一例としては挙げることができます。高齢の方、障害を抱えている人が通常の自動車を運転する、あるいは乗り降りすると言うのは難しい面もありますが、福祉車両を利用すれば、そうした難しさが解消されることにもつながります。

そしてこのことは、こうした人たちの外出の喜びにもつながります。これは購入することも可能ですが、頻繁に利用するわけではないと言う人に対しては、レンタルの利用がおすすめです。レンタルの場合でしたら、購入するよりもずっと低価格で利用することができます。レンタルにあたっては、利用される方とその介助者が一緒になって車両を選ぶのが望ましいです。

まずは希望する大きさや種類の福祉車両が扱われているかどうかをチェックする必要があります。そして実際に利用するまでに、一度は現物を見ておくことも必要です。たとえば車いすの乗り降りができるタイプのものでも、リフト型とスロープ型に分かれているのが一般的です。また車いすの固定方法も車両により異なることも多いので、それらを事前に確認しておくことで、より乗り降り時の負担軽減やドライブ時の安全確保につなげることができます。

またレンタルする店によっては、福祉車両のレンタル費用に割引制度を導入しているところもあります。お得に利用することができるサービスなので、それを導入している店を選ぶのも忘れたくない点です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です