使う人にあった福祉車両をレンタルするためには

「福祉車両」というと、「車いすの人が乗ることができる車」というイメージが一般的ですが、福祉車両にはいろいろなタイプがあります。時々しか使用しないので、福祉車両を利用する時はレンタルをする、という方も多いですが、使いやすいタイプの車をレンタルするためには、そのタイプを知っておく必要があります。後ろからスロープが出て、車いすを車にのせ、固定するタイプの福祉車両は一番一般的で、レンタルで利用されることも多いタイプです。軽自動車や小型車に多いタイプで、大きな車の運転が苦手な方でも使用しやすい車です。

このタイプを選ぶ際の注意点としては、使用している車いすが大きいものであったり、背もたれが倒れるタイプだと乗ることができない場合がある点と、車いすの人と運転手、助手席にしか人が乗ることができない点です。大人数で外出をしたい場合には、もう1台車が必要になるかもしれません。後ろからリフトが出て、車いすを乗せて上昇し乗車をするタイプの車は、大型ワゴン車に多いタイプです。このタイプを選ぶ際の注意点としては、大きな車の運転ができる運転手がいること、リフトの操作がやや難しいこと、駐車場が狭いところではリフトを下せない可能性があること、があります。

その点さえクリアすれば、大人数で出かける際には大変便利な車です。助手席または、後部座席の一部が回転して外に下りてきて、車椅子からシートに移乗して乗車するタイプの車を選ぶ際の注意点は、車椅子からシートへの移乗が可能であること、広い駐車スペースが必要になることがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です