福祉車両のリースのメリット

福祉車両とは、利用者をデイサービスや施設へと送迎するための車です。身体の不自由な方や遠くから来られる方を、自宅から施設へと送迎してくれるので、福祉車両は大変便利な存在です。車いすで乗り降りできるので、病院への送迎にも利用されることが多いです。福祉車両を導入する際は、「購入」と「リース」の2つの方法がありますが、ここでは、リースを導入する際のメリットについて説明していきます。

リースのメリットはいくつか存在しますが、まず1つ目は、資金面のメリットです。購入すると、ある程度まとまった資金を準備しなければなりません。しかし、リースならその資金も最低限に抑えることが出来るので、その分負担を減らせますし、余った資金をその他の介護業務に回すことが出来ます。2つ目は、車両管理業務を代行してもらえるということです。

車両を購入した場合は、車両購入、税金・保険の支払い、車両・法定点検、修理の際の工場への手配など、やらなければならない車両管理業務はたくさんありますが、これらの複雑な業務を全部代行してもらえるので、面倒な手続きは一切必要ありません。3つ目は、安全であることです。突然の車両トラブルにも対応できます。そして、メンテナンスの行き届いた安全な福祉車両で、施設やデイサービスの利用者の送り迎えが出来るのです。

このように、いくつものメリットが存しているため、福祉車両のリースを導入する介護施設が増えています。名古屋の格安のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です