福祉車両をリースするメリットについて

福祉車両とは、介護や福祉事業者が利用者をデイサービスや施設などへの送迎に利用する車両を言います。一般家庭においても、家族の病院への送迎などに利用しているケースも多くあります。福祉車両を購入するのではなく、リースにすることで、様々なメリットがあります。まず、毎月一定の利用料の支払いで利用できることです。

新車での購入となれば、ある程度のまとまった資金を用意しなければなりませんが、リースの場合は一定の月額料金で利用できます。そのため、まとった資金調達の必要がなくて、車両コストの把握も簡単にできる上に、将来の事業計画を立てやすくなります。次に、購入した場合に発生する様々な車両維持や管理作業が、リース会社が代行することによって、事業者側の業務負担が大幅に減って、そこにかかるコストの削減にもつながります。その他にも、介護、福祉事業者にとっては、利用者を送迎する福祉車両はキレイな印象を持たせたいものです。

メンテナンスリースであれば、日々の送迎業務に支障をきたすことなく、代車や修理を依頼することが可能となります。時代の流れからいけば、これからもどんどん福祉車両のニーズは高まるものと予想されます。車両所持や運行、維持に発生する業務負担やコスト削減できることが、福祉車両をリースする最大のメリットとなります。導入するためには与信審査があるため、それをクリアしてから契約することになります。

そのため、導入を検討の際は各会社に詳しい内容を問い合わせてみることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です