福祉車両をリースするには

福祉車両でリースする場合、そのタイプを知る必要があります。福祉車両とは足の不住な老人などをスムーズに自動車に乗せるもので、3つのタイプがあります。一つ目は、電動リフトタイプは、車いす専用のリフトを電動操作によって乗り降りします。よく介護施設への送迎に使用される車のタイプです。車の大きさは、コンパクトカーから大型バスまで様々な種類があります。二つ目は、スロープタイプで、車いすをスロープ使って乗せるものです。

 

スロープが手動または電動操作で車外に引き出すもので、軽自動車、普通車の種類があります。三つ目は、車いすなしで乗車するタイプです。簡単な操作により助手席や後部座席が外側に回転または回転してスライドしするもので、席が電動で上下するものもあり、乗り降りが楽になる車です。介護車両をリース業者の選定基準は三つあります。一つ目は、リース業者が保有する福祉車両の台数の多さや種類の豊富さです。緊急にリースしたい時に使用したい車がないのでは困ります。

 

二つ目は、対応の良さで、困ったときにスタッフが、電話連絡が取りにくいとか、問題解決の回答の連絡が無いとか、問題の対応が遅いような業者はやめておきます。三つ目は、福祉車両は安心・安全が重要で、車が故障したときの対応スピードです。介護される人を乗せる福祉車両は常に利用できる状態が望ましいです。リースであれば、車が故障した場合の代車をすぐに貸してくれることや整備工場の多さなど、故障したときの対応内容が充実していることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です