安心安全なスポーツ大会にはレンタルAEDの利用を

近年では企業や学校、地域の自治会などが誰でも気軽に参加できるスポーツ大会を主催する機会が増えてきていますが、そのような場合、主催者はケガや急病の発生に備えて必要な環境整備を行う必要があります。救急箱を備え付けるなどは基本的事項であり、さらに余裕があれば医師や看護師などを駐在させるのも推奨されます。また、AEDのレンタルサービスを利用するのもおすすめです。AEDは日本語では「自動体外式除細動器」と呼ばれる医療機器で、心臓がけいれんを起こして血液を送り出すことができない状態(心室細動)におちいった時に、電気ショックを与えて正常な状態に戻すことを目的として使われます。

2004年7月からは、医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになっています。AEDは音声ガイダンス等に従えば誰でも使用できるため、駅や空港などの公共性の高い場所において常設されているのをよく目にします。急な発作を起こした人に対し、たまたま通りがかった人が適切に用いれば、救命に貢献することとなります。マラソンなどのスポーツ大会では心臓に負担がかかることも多いため、発作を起こす危険も増大します。

そんな時でもAEDが近くにあり、速やかに使用することができれば、リスクを軽減することができます。AEDは高価な医療機器ですが、レンタルならば比較的低額で導入可能です。レンタル事業者の中には1日単位で貸し出してくれるところもあるので、期間限定で開催されるスポーツ大会などでも手軽に利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です