AEDのレンタルで得られるメリット

AEDを導入しようと考えている場合、まずは購入した場合のシミュレーションをすることが多いようです。購入品ならその後の取り扱いによって万が一壊れてしまっても弁償する必要がありませんが、やはり高額ですのでコスト面を抑えたい時には不向きです。コスト面を抑えつつAEDを導入したい時にはレンタルがお勧めであり、レンタルでは販売店が所持しているものを借りる形式ですので、固定資産税がかかりません。会社で導入する場合、経費処理が楽になります。

初期費用がかなり安くなることもAEDレンタルのメリットです。導入を検討している時には予算を考えますが、予算内に収めようとすると借りるという選択が現実的です。月々の支払額は非常に少ないので、負担をかなり軽減できます。価格に関しては選ぶ会社や機種によっても多少の差があり、コストをできるだけ抑えたい時にはシンプルな機種を選ぶことが大切です。

格安を前面に出してアピールしている会社は、その他の部分でお金がかかってトータルでは高くなることもあります。ランニングコストを把握しやすいこともメリットです。毎月の支払額が明確になっていれば、予算を組む時も迷うことがありません。メーカー保証はどの機種にもついていますが、それ以外にも火災や盗難等の保証がついていると更に安心感があります。

導入時に使う可能性のある人たちを集めて講習会を行っているか、導入後の使用時にもサポートを受けられるかも大事なポイントであり、最近では多くの会社がサポートに力を入れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です