AEDをレンタルするメリットについて

企業の経営者は利益を増やすため常にコストの削減や業務の効率化について考える必要があります。しかし事業を安定的に運営するためには、店舗など施設の安全対策についても十分考慮しなければなりません。利益を増やす上で安全対策など売上とは直接的な関係のない事項については軽視される傾向があります。目先の利益だけを求めて安全対策を怠ると、重大なトラブルが発生して社会的な信頼を失う可能性が存在します。

基本的な安全対策を講じた上で店舗などを運営すればトラブルを未然に回避できます。高齢化が進んだ社会では心臓に問題を抱えた人も多く、スタッフや消費者が急な心停止を起こすことがあります。心停止の主な原因は心室細動であり、心臓の筋肉の一部が痙攣してポンプ機能が失われます。全身に血液を運ぶ機能が失われるので放置すると命を落とす可能性があります。

スタッフや消費者が急な心停止を起こしたとしても、迅速にAEDを使って電気ショックを与えれば命を救うことができます。対処が早いほど命を救える可能性が高くなるので、店舗などの施設内には適切な間隔でAEDを設置するのが理想的です。AEDを購入する場合は1台あたり15万円から30万円ほどしますが、レンタルならば1か月あたり5千円から7千円ほどです。耐用年数の範囲内で長期的にAEDを使いたい場合は購入した方がコストは安くなります。

ある程度の期間にわたりコストを抑えて使用したい場合はレンタルの方が適しています。レンタルは自社でメンテナンスを行う必要がないので、安心して使い続けることができるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です