AEDの短期利用に最適なレンタルサービス

AEDは自動体外式除細動器と呼ばれる心臓に電気ショックを与えて蘇生するための装置です。以前は駅や公共施設などに設置するのが一般的でしたが、現在は企業のオフィスや店舗などにも導入されるようになりました。この装置を導入すれば、スタッフや消費者が急に心停止を引き起こしても素早く対応して命を救うことができます。自社で購入する場合は1台あたり15万円から30万円ほどするので大変ですが、レンタルならば1か月あたり5千円から7千円で利用可能です。

レンタルは購入の場合と異なりメンテナンスをサービスの提供会社が行ってくれるため手間やコストがかかりません。心停止の主な原因とされる心室細動は不整脈の一種であり、心臓のポンプ機能が失われて全身に血液が運ばれなくなります。高齢化が進んで心臓に問題を抱えている人が増えているため、いつ心停止が起きるか分かりません。企業が安定した事業運営を行うためには、急な心停止に備えておくことが重要になります。

スタッフや消費者が急な心停止を引き起こしてもAEDを使って素早く対処すれば、企業の社会的な評判も向上します。AEDには耐用年数が定められており、購入しても永遠に使い続けることができるわけではありません。耐用年数の範囲内で長期的に使用したい場合は購入するとコストが安くなります。比較的短い期間にわたりコストを抑えてAEDを使いたい場合はレンタルを利用するとよいでしょう。

メンテナンスをサービスの提供会社が行ってくれるので、常に最良な状態で使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です