メンテナンスを考慮したAEDのレンタル

AEDをレンタルする時には、メンテナンスのことまで考えると後から後悔することが少なくなります。いくら性能面に優れているAEDでも、メンテナンスに手間がかかってその分のコストがかさむと面倒に感じてしまいますし、継続してレンタルすることに反対する人も出るかもしれません。特に会社で契約を結ぶ場合には費用だけでなく手間まで考慮することが多いので、他の機種よりも管理するのが大変だと感じる商品は敬遠される傾向にあります。不具合を調べるためのセルフチェック機能は備わっています。

自動でチェックを行って、その結果をインジケーターやブザーで知らせる仕組みです。これらは非常に精度の高いものですので、結果は信頼に値するものですが、設置場所まで見に行かなければ不具合を知ることができないと大変ですので、メール等で知らせる機能がついているとさらに便利です。この時、消耗品までチェックされ、電極パッドやバッテリーの交換が必要とされれば、レンタル業者が自動で送ってくれるところもあります。手配しなくても自動で送られてくるのは楽ですし、AEDの出番が来た時に使えなかったという事態も防げます。

通常電極パッドとバッテリーの寿命は違いますので、異なるタイミングで交換する必要がありますが、探せば同時に交換できるタイプもありますので、機種選びではそのような部分まで見ておきましょう。一度に交換できれば無駄な手間を省くことができ、交換し忘れるリスクも下げられます。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です