家庭にもAEDをレンタル

AEDのレンタルというと学校や商業施設等の公共の場所や人が集まる場所に設置するというイメージが強いのですが、必要になるシーンとしては家庭内がもっとも多いようです。そのため、自宅にAEDを設置しようとレンタル業者から資料を取り寄せて選ぶ人が増えており、業者側もご家庭内に取り入れやすい商品を多数用意しています。家の中に設置するのですから、コンパクトで邪魔にならないことが前提となり、あまりにも奥の方にしまいこんでいると必要になった時に使えませんので、取り出しやすい場所にすることも大切です。大事に奥の方にしまっていて、緊急の際に取り出すのに時間がかかってしまい、処置も遅れたというのでは意味がありません。

機能は最低限で良いので、もっともシンプルなAEDをレンタルしても問題はありませんし、むしろシンプルな方が使い勝手も良いのでスムーズに使いこなせます。導入する時には多くの機能がついている方が良いような気がしてしまいますが、緊急時には慌てていますので、操作に戸惑って処置が遅れる原因にもなります。簡単な操作のAEDをレンタルする場合、一度操作方法を確認しておけば忘れることが少ない点もメリットです。導入後は不具合が起きていないかをこまめにチェックします。

命を扱うようなデリケートな機器ですので、不具合が発生する確率もゼロではありません。ブザー等で知らせてくれるため、日ごろから気を付けて見ておけば、問題が起きているのに気づかないこともなく適切な運用が行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です