AEDレンタルサービスの内容のチェックすべき部分

最近ではAEDをレンタルで導入するケースが増えています。AEDのレンタルでは販売店が利用者に直接貸し出しており、5年契約のような長期にわたる場合に長期コース、数日や一週間程度の場合には短期コースに分けられています。会社組織で設置する時には長期コースを選ぶのが一般的であり、5年契約のこともありますし、長ければ10年もの期間を設定するようです。主な流れは、販売店に問い合わせて見積りを出してもらい、機種やサービスを検討した後に申し込みを行います。

販売店では申し込み者の審査を行って無事に通過すれば契約書に記載して提出です。契約書を出した後にAEDが納品されるのですが、月々のレンタル料金は販売店に支払う形です。支払い方法は業者によって異なりますので、事前に聞いておくと良いでしょう。審査にはそれほど時間はかかりませんが、他に未払いのものがある場合には通過しにくくなりますので注意が必要です。

契約書の内容は隅々まで目を通して、後から思っていたような内容ではなかったということが無いようにしなければなりません。長期コースを選んだ場合、5年を設定しても続けて継続できます。その場合は販売店に延長を申し出るのですが、そのまま継続をしても月額料金は減りませんので、最初からもう少し長い期間で申し込んだ方がコストは下げられます。また、AEDには耐用期間があり、その期間よりも長く借りることはできません。

そのため、機種の耐用期間もチェックすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です