個人でコウモリ駆除を行うには

コウモリ駆除の方法は個人も専門業者も基本的に同様の流れになります。まず追い出し作業を行い、侵入口を封鎖して巣の跡片付けを行います。専門業者が追い出し作業を行う場合には、侵入口の周囲に忌避剤の散布が行われます。個人で作業を行う場合には忌避剤の散布だけでなく煙を焚いたりコウモリが嫌がる超音波の発生装置を利用する方法があります。

侵入口に磁石を配置する方法も有効です。コウモリはあまり視力がよくないので超音波を発して物との距離や自分の位置を確かめていますが、磁石はコウモリが発する超音波を乱すことができます。侵入口に磁石を設置すると、コウモリの発する超音波が乱れるため巣に帰れなくすることが可能です。追い出し作業は煙を焚いたり超音波発生装置を利用するなどの方法を併用すると効果が高まります。

マンションなどで煙を焚くことが難しい場合には超音波発生装置が有効です。同じ周波数の超音波を使用し続けるとコウモリが慣れてしまうことがあります。一方数種類の周波数の超音波を自動的に切り替える機能があるものを使用すれば長期的な効果が期待できます。また超音波だけでなく光をフラッシュ点滅させる機能があるものを利用すれば、コウモリ駆除効果がさらに高まります。

コウモリ駆除を行う場合には追い出しと侵入口の閉鎖をした後でしっかりと清掃・消毒が必要です。多い場合には100匹を超えるコウモリが巣を作り糞尿を撒き散らすので、確実に清掃をして消毒を行うことでダニなどの害虫や病原菌の発生を防ぎます。超音波でねずみ対策のことならこちら