コウモリ駆除をする方法

コウモリ駆除の方法はいくつかありますが、コウモリは鳥獣保護法で保護されている動物ですので、殺したり、許可なく捕獲すると鳥獣保護法違反になりますので、注意が必要です。よく目にするあるいは、家に侵入してくる、天井裏や戸袋の中、倉庫などにすみついているのはアブラコウモリというコウモリで、人為的空間に生息する唯一のコウモリであることから、イエコウモリとも呼ばれています。夜行性で、夕方から日没にかけて一斉に飛び出してきて、ユスリカや蛾、虫などを捕食することから、益獣として保護動物とされます。体調は4センチから6センチ、体重は5グラムから10グラム、7月頃2、3匹を出産し、子供は約1カ月で巣立ちます。

家に住み着いて大量の糞をされたりすると、他の害虫がよって来たり、ノミやダニの二次被害もありますので、捕獲や殺処分は無理でも、お引き取り頂く方法で対処します。コウモリ駆除にはまず、侵入口を探し出すのが先決です。見つけたら、コウモリが活動を始める夕暮れから夜間にかけて、忌避スプレーを使用し、天井裏や倉庫に住み着いている個体を追い出します。このスプレーは長時間は効きませんので、追い出しを確認したら、即座に侵入口をパテや金網でふさぎましょう。

その他にも蚊を落とす線香や、害虫用の燻煙剤も効果があるようですので同じような時間に行い、追い出してしまいます。その際、出入り口に強力な磁石を置くのも有効です。コウモリは視力が弱いため、超音波を発生して物事を確認しています。そのため磁石でそれが狂うと追い払うことが出来るからです。

コウモリ駆除専用の超音波発生器も有効です。ただし、7月から8月は繁殖期ですので、追い払いは難しいので、それ以外の時期に行うのが良いでしょう。コウモリ駆除は非常に難しいので、無理をせず、専門業者に頼むのも良いでしょう。