福祉車両の上手なレンタルの仕方

高齢社会が進むに伴い、福祉用具の発展が進んでいます。特に、福祉車両も様々なタイプが存在しています。例えば、リフトで車椅子を収納するタイプやスロープを伸ばして人が人力で車椅子を収納するタイプ、そして、助手席が外に出てきて、座ると車の中に収納されるタイプなどさまざまあります。そして、車両も、軽自動車からワゴン車まで多くあります。

しかし、このようにさまざまな種類がある福祉車両ですが、購入するには、それなりにお金が掛かります。そして、高齢者の方や障害者の方は、週に何回も外出されることは、あまり居られないのが現状です。そのため、わざわざ購入するには、維持費も含めて費用がかかりすぎると考えておられる方々が多くいます。そこで、月に1度の病院通いや年に数回の旅行などの機会には、福祉車両のレンタルを利用することが合理的と言えます。

確かに、病院へ通うなどの場合には、介護タクシーを使うことが考えられますが、移動中の事故が生じる場合がありますし、タクシーを旅行に使うと多額の費用がかかります。そこで、外出には、手軽に利用できる福祉車両のレンタルをすることもひとつの方法です。このレンタルをするには、通常のレンタカー会社に予約するだけです。ただ、福祉車両の数が少ないことから、事前に、利用できるか確認してください。

そして、どのような車両が適切かについては、スロープ式のタイプは貸出料金は安いですが、人力でスロープを登ることから、力がいります。そのため、男性が同行する場合には、おすすめできますが、その他の場合には、リフト式などの電動のものを選んでください。24時間のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です