福祉車両はレンタルで気軽に

福祉車両というと、ピンとこない人も少なくないかもしれません。福祉車両にも、大きさや使用目的などによって、さまざまなタイプのものがありますが、一般的といえるのが、車いすで利用することが可能な車両です。高齢化社会が進む現代において、車いすというのは、決して、怪我や病気の際にお世話になるものだけでなく、高齢になって、足腰が弱った場合には、誰にでも、利用する可能性があるものといえます。しかし、大柄の男性など、大人が車いすから自力で移動することは難しく、また、スペースの限られた一般車両では、身動きをとるのさえ困難なため、介助の人の手を借りるのも難しいものです。

自力で、車いすから、自動車のシートに座りなおすことができる場合は、それほど問題ではありませんが、自力での移動が困難な場合には、外出することですら、簡単ではなくなってしまうことにもなります。そういった場合に、福祉車両なら、車いすのままで乗り込むことが可能です。車いすのままで乗り込むためには、車の高さが問題になってくるので、リフトなどの設備が必要になってきます。こういった設備を自前で整えるには、金額的にも負担が大きくなってしまうために、このような場合には、福祉車両のレンタルという選択肢が重要となってくるでしょう。

レンタルであれば、必要な時にだけ借りることができるので、金銭的負担もそれほど多くはありませんし、レンタルすることによって、気軽にお出かけができるようになるのは喜ばしいことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です