車椅子で乗降できる福祉車両のリース

身体障害者や介護が必要な人であっても乗降がしやすい福祉車両にはさまざまな種類があり、必要に応じて選択することができますが、これは福祉車両をリース契約で取得しようとする場合であっても同様といえます。福祉車両のリースのなかでも、移動支援事業などを営んでいる社会福祉法人や特定非営利活動法人、あるいは重度の肢体麻痺などの障害を抱えた家族を介護している家庭において、たいへん役に立つのが、車椅子のままで車両の内部に乗せることができるタイプのワゴン車です。こうした車両でリースができるものとしては、大きくはふたつの種類があります。ひとつは、車両後部のハッチバックにスロープを設置して、うしろから介助者が車椅子を押して乗車させるタイプのものです。

もうひとつは、電動のリモコンで昇降機を操作し、機械で物理的に車椅子を持ち上げて乗車させるというタイプのものです。もちろん、設備が大がかりである分だけ、昇降機がついている福祉車両のほうが、リース料金は若干高めに設定されることになってしまいますが、体力がない女性などが車椅子の介助をするような場合や、重量がある電動車椅子での乗車が想定される場合などは、やはり昇降機がついているタイプのほうが適しているといえます。そのほかにも、車高がある程度確保されている軽自動車で、同様にスロープを使って乗降できるタイプの福祉車両もあり、こちらは軽自動車である分だけリース料も安いため、法人ではなく、家庭で導入しようとする場合には、かえってメリットが大きいといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です