福祉車両はリースを利用するのがお得です

通所介護における利用者の送迎や、訪問介護、居宅介護支援など、福祉車両を導入すれば、介護事業の幅を拡大することができます。しかし、車両を購入することはまとまった資金を用意することになり、介護事業そのものの経営を圧迫することにもなりかねませんし、自動車を保有するということは維持費用や管理費用が必要となります。このため、福祉車両はリースする方がメリットが多いのです。第一に費用面のメリットとして、リースの場合には月々に低額の支払いが必要なだけで、購入するための資金準備が必要なく、他の用途に資金を活用することができるという点が挙げられます。

更に、自動車を購入すると、それは固定資産なので、固定資産税の課税対象となりますが、リースならばその費用は必要経費とすることができます。更に、福祉車両として使用するのに最新の自動車を使用する必要性は低く、中古車を利用したリースとすることで、その料金も低く抑えることができます。維持管理を考えると、購入した場合には任意保険料や定期点検費用、車検費用を支払う必要がありますが、リースならばこれらの費用もすべて利用料金に含まれるため、一度に大きな出費となることもありません。また、自分で車両の維持管理を計画する必要もなく、点検などで使えない場合は代わりの車を利用することも出るため、介護事業に支障をきたすことがありません。

また、事業の発展等によって使用する車両が変える必要がある場合にも即座に対応でき、買い替えの手間がありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です