福祉車両はリースがお勧めです。

家族に介護が必要な方がいても、一緒に外出したい、と思う方が増えています。しかし、一般の車両では車いすが搭載できなかったり、乗降が不便だったりして、介護する方にもされる方にも負担が大きくなってしまいます。そこで、最近では福祉車両を利用する方も増えています。福祉車両は、介護が必要な方にも利用しやすいように、車いすのまま乗降できるようになっていたり、シートそのものが車外にスライドして、移乗しやすくなっていたりするものがあります。

しかし、毎日使うものではないので、購入は躊躇してしまいがちです。そこでお勧めなのが、福祉車両のリースです。一般のレンタル会社でも福祉車両のリースを扱うところが増えています。リースのメリットとして、外出先に合わせて車両を選べること、介護が必要な方の身体の状況に合わせてその都度装備を選べるところなどがあります。

例えば、高齢の方などで、現在は歩行できているためスライド型のシートで対応できても、将来移乗が困難になったときには、車いす用の車両が必要になる可能性があります。その場合、その都度車両を買い替えるのは大きな負担になります。リースであれば、その時のお体の状態にあった設備が選べ、状況が変わったらリガ宇種類に変えることができるのは最大のメリットです。また、短期間の利用なので、常時車両を保有しているよりは安価な負担で済みます。

体が不自由なので外出を躊躇しがちな方でも、福祉車両を導入することで、気軽に外出できるようになり、活動的な毎日を過ごせるようになります。気軽なリースでまずは試してみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です